1. 寄付額入力
2. 決済方法入力
3. 寄付申込完了

熊本地震からの創造的復興!南阿蘇鉄道高森駅周辺の再開発と熊本都市圏へのアクセス強化プロジェクト熊本県 | 高森町

熊本県 高森町のプロジェクト概要

2016年4月に発生した熊本地震は、熊本県を中心に大きな被害をもたらし、現在も復興の途上にあります。なかでも当町が位置する阿蘇地域の被害は甚大で、都市を結ぶ交通インフラにも壊滅的な被害が生じました。分断された交通インフラで未だ復旧を果たせていないのが、地域唯一の鉄道公共交通機関である南阿蘇鉄道です。 南阿蘇鉄道は、震災前には年間約26万人の利用があり、通勤や通学、高齢者の通院など、日常の利用に加え、トロッコ観光列車は地域の観光経済を支えるツールとして、全国のファンに親しまれてきました。しかし、震災によって熊本市へと続くJR豊肥本線との接続が完全に途絶え、震災から5年が過ぎても、部分運行を余儀なくされています。 2023年度中の災害復旧工事完了と全線での運行再開を目指しているなか、当町では熊本県や沿線の自治体・住民とともに、起終点である「高森駅」周辺の再開発とJR豊肥本線への直接乗り入れ(接続)整備を進めています。このプロジェクトを通して、熊本地震による復興のさらに先を見据えた「創造的復興」を目指します。

熊本県 高森町への寄付で得られるベネフィット

高森町HP、町営ケーブルテレビへの企業名の掲載

・高森町HPへの企業名掲載。 ・高森町営ケーブルテレビ内での企業名の紹介。

南阿蘇鉄道トロッコ列車乗車体験(復興研修付き)&被災記念レールと枕木オーナー制度による熊本地震の伝承

・トロッコ列車乗車体験及び復興研修(40名程度まで) ・被災したレールのオブジェ贈呈 ・枕木オーナーへの登録

町長との会見(メディア付) 

・高森町長との会見・メディア公開(町からのプレスリリース発信及び地元新聞掲載)

なぜ寄付を募るのか

当町では、高森駅舎の建替えを含む再開発に6億6,300万円、JR豊肥本線への接続整備事業に最大で4億2,000万円の費用を見込んでいます。これらの費用は人口6,000人ほどの自治体にとってあまりにも巨額であり、国の補助制度等をフル活用しても大きな負担となっています。 さらに当町では高齢化による社会的費用負担や、人口減少社会で多様化する行政ニーズに対する支出の増加が懸念されます。将来にわたってしっかりした事業計画を策定しなければ、今の子どもたちや地域住民に大きな負担を強いることになりかねません。 そうした事態を避けるためにも、本事業にご賛同いただける皆様からの寄附は重要な財源の一つと位置付けており、健全な創造的復興に有効活用します。

プロジェクトのポイント

南阿蘇鉄道の起終点であり、本社機能を有する高森駅においては、世界有数のカルデラ火山として知られる阿蘇山への観光の玄関口として再整備します。同駅は震災以前はインバウンドだけで年間約6万人の来訪者を迎えていたことから、ポストコロナを見据えた観光拠点として再整備するものです。整備にあたっては、観光面の充実に加え、熊本地震の教訓を踏まえ、車中避難などにも対応できる防災拠点機能も持たせる計画です。 JR豊肥本線への直接乗入れが実現すると、高森駅から熊本都市圏への所要時間が20分以上短縮され、30分台でアクセス可能になります。都市圏への通勤・通学がより便利になるため、将来的には移住や定住の促進にもつなげる意向です。 新しい駅舎は、全国の建築家や設計事業者から注目を集める「くまもとアートポリスプロジェクト」の一環として設計業務を進めています。2022年4月の新駅舎工事発注に向け、事務局をはじめ関係者が事業予算の確保に奔走しているところです。

困りごと・課題

別事業で進められている南阿蘇鉄道の復旧には、総額約70億円の事業費が見込まれており、その多くを国費で賄います。莫大な税金が投入されるからには、持続可能な公共交通機関として長く運用していくことが強く求められています。 そのためには行政と住民や事業者などが連携し、鉄道のさらなる需要創出や利用促進に向けた取組みが必要と考えています。 寄附企業の皆様には、過疎地域における新たな公共交通施策をフックにした各種政策間の連携にも、助言・参加いただければと考えています。 一例として、旅行会社との新たなツアーの造成や、エネルギー系企業と脱炭素社会に向けたクリーンエネルギーへの転換事業の検討など、さまざまな業界・業種とのマッチングを模索中です。さらに実証実験の場としての活用も視野に、幅広い業種の事業者に関わっていただけたらと考えています。

メッセージ

全国から温かい手を差し伸べてくださったおかげで、多くの施設やインフラが復旧しています。企業の皆様には、最後の被災公共インフラとなった南阿蘇鉄道及び高森町に、企業版ふるさと納税を通してご縁をいただきたく存じます。 近年頻発している自然災害では鉄道が被災する例も多く、大手鉄道会社の支線や地方鉄道の中には、復旧の目処が立たず廃線に追い込まれるケースも見受けられます。鉄道は地域に欠かせない存在であり、鉄道がなくなることによるダメージは計り知れないものがあります。 当プロジェクトの成功は、官民協働による地域復興のモデルケースになると考えております。企業の皆様においても御社の取組みがクローズアップされると同時に、当町を含めた被災自治体や過疎化が進む小規模自治体にも、大変意義深い取組みになると確信しています。 南阿蘇鉄道は、当町にとってとても大切な存在です。皆様には「レールが光れば地域が光る 南阿蘇鉄道と共にある高森町」という先人達の想いとともに、震災からの創造的復興を目指す当町に光を当てていただきたきたいと考えています。ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。

目標達成しました
現在の寄付額
110,440,000
目標金額:100,000,000
※目標金額を達成すると自動で募集終了となります
寄付件数
15
SDGs目標
sdg-3sdg-9sdg-11sdg-12